マンションを売る際に貴重なのは「時間」です。

マンション売却にはできれば年単位で準備を計画できると良い

子供の出産を機に長期的な計画でマンション売却を検討売却と購入を同じ不動産会社に依頼し室内や風景の写真も準備マンション売却にはできれば年単位で準備を計画できると良い

これは売却を意識して行っていたことではなかったのですが、自宅マンションの購入時の室内と、現状の写真、更に室内からの風景を四季を通じて撮影していたことです。
最初のマンション購入時に私が残念だったのは、実内見が出来なかったことでした。
自分のマンション売却時はなるべく内見に力を注ぐつもりではいましたが、日程調整もありますし、まだ小さい子供がいるためどうしても乱雑になりがちだったので、内見とは別に、最初に参考資料として売却担当者の方に預けていたために、多くの方に興味を持っていただけたと言われました。
また新居を決定したのが年末に近い時期だったので、そこから約1年、次の12月を目標として売却計画を進められたことが焦らず、良い買い手に巡り合えた一因です。
マンションを売る場合、時間をかければ必ずしも良い結果が出るというものではありませんが、時間に制限されてしまうと焦りが出るだけでなく出会いにも制限が出てしまいます。
あくまで私の経験からですが、マンションを売る場合には、その前後に時間の余裕が持てる時期に実行できるように、なるべく月単位ではなく、年単位で物事を計画出来ると良いです。