マンションを売る際に貴重なのは「時間」です。

子供の出産を機に長期的な計画でマンション売却を検討

私がマンションを売ることに決めたきっかけは、子どもの出産でした。
元々結婚前から単身で入居していたマンションでしたので、出勤の便と住居費の安さのみに目を付けた、都営三田線の使える板橋区に住んでいたのですが、そこは駅近物件の1階住居で子育てを考えた場合、日当たりも治安もやや不安な悪い場所でした。
とはいえ、出産後すぐに売却を決めたわけではありません。
子どもの小学校入学までに気に入る住まいを見つけてから、と、まずは住まい探しから始めました。
マンションを売るにあたって、振り返ってみて「もっとこうすれば良かった」と後から思ったことは数点ありましたが、後悔せずに済んだ一番の大きな理由は、この準備期間の長さがあったからです。

私の場合マンションを売るのは初めてでしたが、そのこと自体を目的としていたわけではなく、あくまで住み替えのための売却という点で神経を使いました。
いくつか具体的に住み替えに良い物件が出てくると、購入の手はずとして、正常の手続きの流れとは別に、既存マンションの売却も売り手の不動産屋に頼れるのかどうかも相談させていただきました。
更に並行して1年に1-2回、自宅の売却価格の査定を複数の不動産屋に依頼し、自宅の売却価格とは別に、同マンション内での売買成立情報にもアンテナを張っていました。

子供の出産を機に長期的な計画でマンション売却を検討売却と購入を同じ不動産会社に依頼し室内や風景の写真も準備マンション売却にはできれば年単位で準備を計画できると良い

マンションを売るマンションを高く売る方法は?